張掖丹霞地貌|張掖丹霞地貌ツアー|中国七彩丹霞ツアー|張掖丹霞地質公園|蘭州現地ツアー|蘭州現地旅行会社|蘭州発張掖丹霞地貌ツアー

張掖丹霞地貌、張掖丹霞地貌ツアー、張掖丹霞地貌観光、張掖七彩丹霞、中国七彩丹霞ツアー、張掖丹霞地貌行き方、張掖丹霞地貌蘭州発ツアー、張掖丹霞地貌ハイキング、氷溝丹霞へ行き方、張掖観光、平山湖大峡谷へ行き方、張掖丹霞国家地質公園、張掖丹霞国家地質公園行き方、敦煌から張掖へ移動、蘭州現地旅行会社、蘭州発張掖丹霞地貌ツアー、蘭州現地発ツアー、蘭州発張掖丹霞ツアー、蘭州現地旅行会社、蘭州観光、蘭州ラーメン http://www.lanzhoutrip.com

中国七彩丹霞ツアー|張掖行き方

張掖万寿木塔寺観光案内
隋代創建の塔である。万寿木塔は張掖中学校の中に位置する。北周より早かった建築だが、清朝に大風に壊されてしまった。今の建築は民国時期に築かれたものである。元朝の際、15回の塔を再建されて、中には機械の装置がつき、塔の自身は回転できて、その時代には世界の奇跡になった。現在のは9回、下の7回はレンガ造り、上の2回は木造。もう完全に木造の塔を言えない。珍しいのは塔にはまったく釘を使わない。登れて、蘭州の八景の一つになる。
張掖木塔は木塔寺に位置する。木と煉瓦を組み合わせて造った塔は、南北朝北周時代に建てられる。高さ32.8メートル、八角形九層の塔で、各層の八つの角には珍珠をくわえた木彫りの龍の飾りがあり、その下には風鈴が掛っている。木塔の上からは張掖市内の風景が一望できる。
馬蹄寺観光案内
馬蹄寺は甘粛の南裕固族自治区県に位置し、北に張掖市から65キロメートルがあり、石窟芸術、祈連山景色と裕固族風習と一体する観光地です。北寺、金塔寺、千仏洞など7つの石窟群からなり、絶壁などの岩壁に彫られ、遠くから眺めると楼閣が層を成しているように見えます。北魏のころから彫り始められましたが、現存する壁画や彫塑などは唐代以後のものが多いです。北寺と金塔寺の石窟が最も保存がよいとされています。
http://www.lanzhoutrip.com