張掖丹霞地貌|張掖丹霞地貌ツアー|中国七彩丹霞ツアー|張掖丹霞地質公園|蘭州現地ツアー|蘭州現地旅行会社|蘭州発張掖丹霞地貌ツアー

張掖丹霞地貌、張掖丹霞地貌ツアー、張掖丹霞地貌観光、張掖七彩丹霞、中国七彩丹霞ツアー、張掖丹霞地貌行き方、張掖丹霞地貌蘭州発ツアー、張掖丹霞地貌ハイキング、氷溝丹霞へ行き方、張掖観光、平山湖大峡谷へ行き方、張掖丹霞国家地質公園、張掖丹霞国家地質公園行き方、敦煌から張掖へ移動、蘭州現地旅行会社、蘭州発張掖丹霞地貌ツアー、蘭州現地発ツアー、蘭州発張掖丹霞ツアー、蘭州現地旅行会社、蘭州観光、蘭州ラーメン http://www.lanzhoutrip.com

莫高窟入場予約入場人数制限

莫高窟 入場券予約
2014年08月01日より、一億元を投じた敦煌莫高窟デジタル観光体験サービスセンターが正式営業が始まります。貴重文化財を保護するために莫高窟の自然、歴史、文化とさまざまな時代の重要な窟の仏教芸術を全面的にデジタル技術によって展示することになります。本日より、観光客数の制限(最多6000人まだ)と完全予約制を実施するとし、全ての観光客がインターネット、電話などの予約が必要となります。現地に到着後まず莫高窟の紹介映像を見た後、窟に入ります。見学時間は現在の120分から150~180分に延長するとのことです。観光センターで新たに『デジタル敦煌』体験をした後に得られる情報と感動は一層豊かで充実したものになるだろう」と強調しています。特に弊社の敦煌日本語ガイドと専用車のみ、莫高窟入場料含まないお客様は要注意です。

世界文化遺産敦煌莫高窟は、中国甘粛省の最西端敦煌市の東南25キロの鳴沙山東麓にあり、366年に創建された後、千年にわたって造営がつづけられ、4~14世紀のシルクロードの東西文化交流の繁栄を物語るものであり「東方世界芸術博物館」とも称される芸術作品の宝庫であります。1700メートル余りの断崖に735の窟と4万5000m2の堅画、2000体余りの彩色塑像が残されており、観る者を圧倒します。

http://www.lanzhoutrip.com

麦積山石窟観光案内

麦積山石窟観光案内

天水の東南約30キロメートルほどの山中にある。中国四大石窟の一つで、山の形が積み上げた麦の壁のように見えることからこう呼ばれるようになった。文献によれば後秦の時代に造仏が始まり、その後1500年以上の歴史を経て現代に伝えられているとされる。

麦わらを積み上げた様子に似ていることから名づけられた麦積山にある麦積山石窟は、4世紀頃から造営され始め、現在194の石窟が残っている。内部には三尊像阿弥陀仏などをの多くの仏像や彩色された人物の塑像などが残っており、保存状態も良い。麦積山石窟は四大石窟の中でも特に塑像が充実していることで知られる。絶壁に、鉄製の橋と階段が設置されており、巨大な間近で見ることができる。

麦積山は秦陵山脈に属する山峰である。観光地の総面積は215平方キロで、麦積山、仙人崖、石門、曲溪という四つのスポットや街亭古鎮となる。麦積山は典型的な丹霞地形(赤い崖)であり、高さは80mで、植生に囲まれている。西漢の終わりごろから、ここはすでに有名な避暑地となっていた。ここには秦、魏、隋、唐、宋、元、明、清など時代の塑像が7200座も残され、壁画の総面積は1300㎡に達し、194の洞に分布されている。四大の石窟として、ここの特色は美しい塑像だ。
http://www.lanzhoutrip.com

蘭州観光案内

麦積山石窟観光案内
天水の東南約30キロメートルほどの山中にある。中国四大石窟の一つで、山の形が積み上げた麦の壁のように見えることからこう呼ばれるようになった。文献によれば後秦の時代に造仏が始まり、その後1500年以上の歴史を経て現代に伝えられているとされる。

麦わらを積み上げた様子に似ていることから名づけられた麦積山にある麦積山石窟は、4世紀頃から造営され始め、現在194の石窟が残っている。内部には三尊像阿弥陀仏などをの多くの仏像や彩色された人物の塑像などが残っており、保存状態も良い。麦積山石窟は四大石窟の中でも特に塑像が充実していることで知られる。絶壁に、鉄製の橋と階段が設置されており、巨大な間近で見ることができる。

麦積山は秦陵山脈に属する山峰である。観光地の総面積は215平方キロで、麦積山、仙人崖、石門、曲溪という四つのスポットや街亭古鎮となる。麦積山は典型的な丹霞地形(赤い崖)であり、高さは80mで、植生に囲まれている。西漢の終わりごろから、ここはすでに有名な避暑地となっていた。ここには秦、魏、隋、唐、宋、元、明、清など時代の塑像が7200座も残され、壁画の総面積は1300㎡に達し、194の洞に分布されている。四大の石窟として、ここの特色は美しい塑像だ
http://www.lanzhoutrip.com

張掖丹霞現地ツアー

張掖大仏寺観光案内
大仏寺は張掖市の南部にあり、西夏時代に創建された甘粛省最大の西夏建築である。現存する建築物は大仏殿、蔵経閣、土塔の三つで、大仏殿の内部には室内にある寝仏像の中で中国最大の釈迦牟尼の寝仏像が安置されている。寝仏の後ろには迦葉、阿難等釈迦の十大弟子の像があり、仏殿内の南北両側には十八羅漢像が立っている。蔵経閣には明代の6千巻あまり経典が収められている。保存状態もよく、金や銀で書かれた経文は貴重である。大仏寺は国家4Aレベルの風景区と称する。

西夏年永安元年に創建された。 このお寺には1098年に造営された素晴らしい大仏がある。マルコポーロは著書、東方見聞録の中で 「金で塗られた巨像」としてこの大仏に関しての記述を残しているほどである。 その大仏は高さが20m、幅は35mもある。また、大仏殿の裏には高さ33mにも及ぶチベット仏教様式の土塔が建っている。仏殿の入り口の両側には6㎡の煉瓦がはめ込まれ、左には「登極楽天」、「西方聖鏡」、右には「入摩地」、「祇園演法」と刻まれている。仏殿内の四方の壁には『西遊記』や『山海経』(空想で書かれた地理書で、想像上の動物など多数出てくる)の壁画が描かれている。
http://www.lanzhoutrip.com

張掖旅行観光ガイド

張掖旅行観光ガイド

張掖市は河西回廊中部に位置し、東は武威市、金昌市、西は酒泉市及び嘉峪関市、南は祁連山脈、北は合黎及び龍首山と内モンゴル自治区に接する。市域内には砂漠、ゴビ、草原、原始林など多様な自然景観がある。張掖市は歴史文化名城であり、シルクロード上の要衝である。水と土がよく、産物も豊富なため「金の張掖」と称される。甘粛省西部の都市、唐の時代から甘州といわれ豊かな水に恵まれた河西回廊のオアシスの一つである。蘭新鉄路の通過地となっており、武威と併称される貿易都市で、米、甘草などの物産があり、毛織物.綿織物.皮革工業が盛んである。

張掖丹霞地貌は甘粛省張掖市から約40キロ、臨沢県の郊外に位置し、510平方キロにわたる大地が様々な色彩に染まられる。丹霞とは赤い堆積岩で形成されたカルスト地形のことである。張掖丹霞地貌は規模が大きく、形が不思議、中国丹霞地貌の最大、形の最も豊富な地域の一つである。「中国の最も美しい七大丹霞地貌」の一つと讃えられている。
http://www.lanzhoutrip.com

新疆ウイグル観光

カラマイは新疆ウイグル自治区にある都市。「カラマイ」とはウイグル語で「黒い油」という意味で、ジュンガル盆地西北縁に位置する中国の重要な石油生産地の一つとなっています。観光スポットは、風光明媚な黒油山、避暑地として有名な白杨河大峡谷、自然の力でできた奇石・乌尔木魔鬼城などがあります。羊肉を入れたスパイシーな冷麺「黄麺焼肉」や、地ビール「卡瓦斯」などのグルメもおすすめ!
新疆ウイグル自治区にあるカラマイ市は、中国西部の重要な石油生産地です。かつては、石油より水の方が重要だと言われるほど厳しい自然環境でしたが、ここ30年で見違えるほど美しい観光都市に生まれかわりました。2007年には、カラマイ市の緑化率は38,7パーセント、大気の質は1級と2級の日が99パーセント以上と、「国家環境保全モデル都市」として選ばれるまでになりました。大気の良さや緑の美しさに加え、石油都市ならではの景観やヤルダン地形は、多くの観光客を引き付けています。あなたも、ぜひこのカラマイを観光してみませんか?
黒油山
黒油山は中国で初めて原油が地表に染み出しているのが発見した場所です。カラマイの北東部、市の中心部より約2キロほど離れたところにあります。長年の間原油が湧き出て凝固し、コールタールの丘のようなったものが黒油山で、大きいものは高さ約13メートルにもなるんです。その様子を一目見ようと、たくさんの人が訪れる観光スポットのひとつとなっています。
カラマイとは、ウィグル語で「黒い油」を意味する言葉です。天然石油のコールタールの山から「黒油山」と名付けられました。コールタールの山と地下の石油は一億年以上もこの地に眠っていましたが、地殻変動により地表に出てきました。この石油の軽い成分は揮発し、残った黒い液体が土砂と混ざり合ってできたのがこの黒油山なのです。カラマイを訪れたら、ぜひ黒油山の観光をお忘れなく。自然の驚異とエネルギーを感じさせてくれますよ。
魔鬼城
カラマイ市から約100キロメートル離れたところに魔鬼城があります。「魔鬼城」とはその字のとおり鬼の住む城という意味。ヤルダンと呼ばれる風蝕で出来た様々な形の土丘がこの一帯にはあり、夕暮れ時になるとこの世のものとは思えない不思議な世界を作りだしています。シルクロードの旅人は、夕暮れ時のその不気味な雰囲気から、このヤルダン群を「魔鬼城」と名付けたといわれています。
魔鬼城は、遠くから見ると大小さまざまなお城が立ち並んでいるようにも見えますし、あるものは恐ろしい怪物のように、またあるものは雄大な宮殿のようにも見えます。まさに大自然がつくり出したアート作品といえますね。
カラマイからは少し離れていますが、魔鬼城はオススメしたい観光スポットのひとつです。幻想的で何とも言えない雰囲気を醸し出しているこの魔鬼城。日本では絶対に見ることのできない幻想的な風景です。カラマイを観光するのならぜひ訪れてみてくださいね。
九龍潭
カラマイの中心地から約2キロほどのところにある公園「九龍潭」。この公園には高さ約8メートル、幅約10メートルの人工的に作られた滝があります。滝の両側には8個の龍の形の噴き出し口があって、その下が大きな川となっています。この川の東西両側にはひとつづつ小さい橋があって、その橋を通って真ん中にある島に行くこともできるのです。
川の隣には古代建築を模倣して作られた総面積600平方メートルにおよぶ建物があり、夜になると様々な灯がともり、九龍潭にロマンチックな彩を添えています。昼間とはまた趣が一変するので、九龍潭は昼の顔も夜の顔もどちらも魅力的ですよ。九龍潭は古来より伝わる風水を意識してつくられた中国らしい公園。よく整備された美しい姿は訪れる人の目を離しません。カラマイの代表的な観光スポット、ぜひ訪れてみてください。
独山子泥火山公園
名前にある「泥火山」とは、地下深くの粘土が地下水やガスなどとともに地表または海底に噴出し積もった地形のこと。なので、火山という名前が付けられていますが、必ずしも火山活動と直接関係があるわけではありません。
カラマイ市の独山子山にある「独山子泥火山公園」は中国でも数少ない泥火山のひとつとして有名です。そのため泥火山を見るため訪れる観光客も多いです。泥火山の噴き出し口は二つあり、双方の距離は100メートル程度です。
ガソリンの匂いの粘り気のある泥水が噴き出し口からしきりに外に湧き出ていて、集まった泥水は火口に沿って外に流れ、丘のようになっているのです。

http://www.lanzhoutrip.com

蘭州観光

蘭州は甘粛省の省会、最大の都市で、かつては金城と呼ばれており、古来より交通の要衝として栄え、河西回廊を西へ向かうシルクロードルートと青海方面へ向かうチベット?ルートはここで分岐しています。蘭州の市街地(標高1,510m)は南北を高い山々に囲まれ、その間を黄河が西から東へ流れています。蘭州には黄河では最も上流にかかっている黄河第一橋という鉄橋があり、ちょっとした観光地になっています。

蘭州は総面積が13,085.6平方キロメートルで、総人口が368.84万人(2016年)あります。蘭州は温帯大陸性気候に属し、年平均気温が10.3℃、夏も冬も過ごしやすく、有名な避暑地となっています。年平均日照時間は2446時間あり、年平均降水量が327ミリで、主に6~9月に集中しています。

蘭州の町は黄河に沿い、東西に長く延びています。繁華街は蘭州駅から北へ続く天水路とそれと交差して東西に延びる東崗路で、ホテルやレストランはこのエリアに集中しています。東西の移動は蘭州駅と蘭州西駅を結ぶバス1番を利用すると便利です。市内の見所は、黄河の眺めがすばらしい白塔山公園や、漢の将軍霍去病ゆかりの五泉山公園などあります。また、2006年末にリニューアル?オープンした甘粛省博物館もぜひ訪ねたいところです。他に代表的な観光スポットと言ったら、中山橋、炳霊寺石窟などがあります。

蘭州は甘粛省省都で、中国西北区域の地図上の中心に位置して、西北地域の中心都市です。中国の7の軍区の1つである蘭州軍区の本部、18の鉄道局の1つである蘭州鉄道局の本部もこの都市にあります。市区の南北は山に囲まれ、市内で黄河が東西に走り、帯状盆地の特徴を持っています。蘭州は黄河が市内を通り抜ける唯一の省都都市です。市区は南北の山々が対立し、東西の黄河が市内で通り抜けて、長く曲りくねっています。それにより、蘭州は静かな山と流れる川が依存する独特ですばらしい都市景色を呈しています。

蘭州は古シルクロードの重要な町です。5000年前から人間はここで生活し始めてきました。西漢時代に県政府を設けられ、難攻不落の城」という意味として、「金城」と名付けられました。隋時代初めに蘭州総管府に改められ、「蘭州」と呼ばれ始めました。漢時代から唐、宋時代にかけて、シルクロードの開通につれて、絹織物が出て西に行くと蘭州にはそれまで一度もなかった盛況になりました。蘭州は次第にシルクロードにおいて交通と商業の動脈、西部地域の少数民族との絆を結び付ける重要な都会になり、中国と西方の間の経済、文化交流を促進するために重要な役割を果たしました。昔のシルクロードはこの土地で数多くの名所旧跡の輝かしい文化を残しています。

中国と外国の多くの観光客を集めるにつれて、蘭州は2000キロメートルも跨り、敦煌莫高窟、天水麦積山、張掖大仏寺、永靖炳霊寺、シアホーラブラン寺などの著名な観光スポットに繋がるシルクロードの大旅行区の中心になってきました。新ユーラシア大陸橋の開通、特に西部大開発戦略の実施によって、現代版シルクロードが再構築し、東西協力と交流及び中央アジア西アジア、中東、ヨーロッパに通じるチャンネルとして、蘭州の戦略地位が顕著になりつつ、東西を受けて南北へと展開する働きをしています。
http://www.lanzhoutrip.com